« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

昨日のこと

また わんこが死んでしまいました

のっけからこんな書き出しでごめんなさい


昨日のことでした
タロウの散歩に近頃はとんとご無沙汰だったA公園に行ってみました
いつものように誰もいない公園
タロウのリードを持ちつつ オットに連絡する必要があって電話していると
タロウがちょっと引っ張りました
え?と思った時には リードが手から離れ
タロウは走り出していました

誰もいないしいいか~ と思ったのですが
タロウは急にピタッと止まって遠くを見ています
その視線の先には白っぽいわんこが二頭
慌てて タロウを呼び戻します
素直に戻ってきたのはいいのですが
またそちらに行きたい!というタロウ

リードを持って わんこたちのほうに近づいてみました
一頭は向こうのほうに行ってしまったのですが
もう一頭はタロウに興味があるらしく ちょっと立ち止まっていました
飼い主らしきヒトの姿は見えません
タロウがグイグイ引っ張るので 
ここで 今度は意図して 再びリードを放しました

もちろん タロウは立ち止まっているわんこの元に
二頭はおとなしく 鼻先をつき合わせて挨拶していました
でも 私が近づくと そのわんこは逃げようとします
それも一般道のほうに

もう一頭は すでに橋を渡って 向こう岸に向かっています
もう一頭もその後を追いたかったのでしょうが
私の存在が怖くて 別のほうに走っていってしまいました

タロウは橋を渡ろうというのですが
さっきのわんこが気にかかって 戻ってみました
しばらく探すと 
すると 畑の中に立つ一軒のお家の前にわんこはいました

おうちのヒトはお留守の様子
そのうちのわんこが柵の中から吼えています
わんこに近づくと 尻尾をお尻の中に挟むようにしてウロウロしています
口から泡も吹いています
怖くてどうしようもなくなっているのかな? とその時は思いました

噛まれるのがいやで 「大丈夫だよ 怖くないよ」 と声はかけるものの
側に寄ろうとしないで逃げ惑う仔をどうしたらいいのか
考えあぐねていました
そうしているうちに そのわんこは倒れて痙攣し始めました

慌てて そこから離れてところに停めてあった車を移動し
その仔を載せて 病院に急ぎました
ちょうど誰も患者がいない時で すぐに対応してもらえました

でも 結果は・・・
有機リン酸系の毒物 つまり 農薬を飲んだのだろうということでした
車の中でその仔が吐いたものの中に草がありました
もう少し早くに病院に来ていたらどうにかなっただろうかと問うと
それはないというお医者さん

飼い主を探しました
青い首輪をつけていて 身体もそれほど汚れているとは思わなかったから・・・
保健所に電話すると 該当する犬はいないということでした
でも そのわんこに対する苦情は 今年の連休明けから 
保健所にたくさん来ていたそうです
噂では・・・と前置きして話してくれたことは
車で生活しているヒトが連れていた可能性が高い
今そのヒトがこの町にいるかどうかはわからない ということ

おとなしそうなわんこでした

私が近寄らなかったら こんな結末にはならなかったのでは?と
あの仲間と怯えながらでも生きて 暮らしていけたのでは?と
自分でもバカだとは思いますが
そんなふうに思えてしまうのです

一人残されたわんこも探しました
見つけたのですが 警戒心が強く 近寄ってくれません
でも それでいいのかも
私に近寄れば 死んでしまうのかも
本当にバカみたいでしょ?
でも 正直 怖いんです

助けようとすると みんな 死んでしまう

しばらく 気持ちが落ち着くまで ここもお休みするかもしれません

| | コメント (10)

なぜ???

懐かしい写真を見つけてしまいました~note

To_001



















2人でじゃれてるの~
タロウはちびっちのさっちゃんにやられてあげてる!?coldsweats01

続きを読む "なぜ???"

| | コメント (6)

秋来ぬと・・・?

お盆の翌日から 雨が秋を運んできたかのように
突然 風がとても冷たくなりました
あんまりにも急な天気の変わりようにびっくりしています

2008820_011



















稲の穂にまとわりつく赤トンボも数が増えたような気がします

続きを読む "秋来ぬと・・・?"

| | コメント (10)

雨上がりの散歩

昨日 朝は晴れていたのに
お昼過ぎに 突如として降り出した雨
それも 雷つき

大抵の雷は 平気の平左のタロウくん
その時も 自分のお布団でだら~んと寝てたんですが
ごく近いところに落ちたのか

どど~ん! 

と大音響
さすがのタロウも ビクッと起き上がってました
そして 「大丈夫だよ~」という私の声を無視し
おじいちゃんのベッドに移動
そのあとは・・・何事もなかったかのように 再びのびきって寝てましたbleah

続きを読む "雨上がりの散歩"

| | コメント (6)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »